赤ちゃんの世話をしているときに鬱になってしまう

産後鬱は、赤ちゃんの世話をしているときに気分が沈むことが始まりとされています。
では、何が原因で落ち込んでしまったのでしょうか。
産後鬱に罹ったことがある人に聞いたところ、理由がなく気持ちが塞ぐ以外では多くの理由があるようです。
赤ちゃんがうまく育っていないように思ってしまう人、病気になってしまったわが子に対しての強い罪悪感にかられる人がいます。
わが子の成長度合いが気になるのは普通ですが、特に赤ちゃんの場合は生後1ヶ月から検診が始まり、医療機関に調べてもらいます。

こういった検診によって、自分の子どもの発育過程に疑問を感じるママも多くいます。
他の子どもよりも成長していないのではないか、他の子どもができることが自分の子どもはまだできていないなど、比較することで不安の色を濃くしてしまいます。
その他にも、長時間赤ちゃんと2人だけという状態に慣れることができず産後鬱のきっかけとなってしまうケースもあります。
赤ちゃんが一緒では好きなように出かけられないので不愉快になる人もいます。
その逆で、赤ちゃんを外に連れ出すべきなのに人とのコミュニケーションが上手くいくか不安で外出が困難になってしまい自分に悩むママもいます。
始終赤ちゃんと共に生活していると、社会から隔離された感覚にとらわれる人も多くいます。
育児中のママが感じるこれらの悩みは、家族に共感してもらい、心を打ち明けることで気持ちが楽になることが多いのです。
自分だけの心の内に溜め込まず、勇気を出して近親者に話してみると心配していたよりも簡単に応じてくれるかもしれません。
手助けを求めることは断じて悪いことではありません。
産後鬱を遠ざけるためにも、悩みを話せる機会を作りましょう。