カテゴリー別アーカイブ: weblog

母子家庭状態。

我が家はここの所、母子家庭状態です。
まぁ、主人は仕事で忙しいため、朝から夜までいないです。
仕方がないのですが、日曜日の明日も不在です。
せっかくの土曜日の今夜も、接待で不在です。
仕事をしてもらわないと、私たちは生活出来ないので、仕方がないと思いつつ、感謝はしているけど、もう少し子供たちと、家族で過ごす時間を大事にして欲しいと願うのは、私のわがままでしょうか。
子供たちが「パパ、パパ」と寄ってきてくれるのは、幼い今のうちだけです。
接待や息抜きも必要かもしれないけど、少し母子家庭状態が長いので、子供たちと触れ合ってほしいなぁと思います。
GW、家族でどこかお出掛け予定考えようかと思います。
でも、どこも混んでるかな…。

肌の磨き過ぎ、洗い過ぎは良く無い?

私はちょっと肌の調子が悪くて、いつも化粧品とか洗顔フォームとかの扱いに悩んでいるんですよね。

 

いま、一番気にしているのは、肌のテカリです。

 

一応、色々と肌のテカリを防ぐ方法を調べているのですが、なかなかこれだと言う物に出くわさないんですよね。

 

私の場合は、肌の洗い過ぎで乾燥肌になってしまった経緯があるので、てっきり今もそういう肌状態だと思っていたんです。

 

ところが、肌は乾燥しているのにテカテカして来ると言う事例も良くある様で、きっとこのケースなんじゃないかと思っています。

 

これは年齢から来る現象でもあると聞いているのである程度は仕方が無いのかなと思うのですが、それでも出来る限りのケアはしたいと思います。

 

なにか良い方法があると良いんだけど...

 

とりあえず、出来るだけ皮脂が浮き出ない様に抑えながら、肌質が改善する様にケアをしてみようと思っています。

 

長期戦になるかも知れませんが、まずはいま出来る事をやってみます!

 

え!?肌質ってそんなにたくさん分類があるの?

こないだまで知らなかったんですが...

 

なんと、お肌の質って細かく分けると8つに分類されるって知っていました?

 

私はせいぜい、乾燥肌と脂性肌、そして混合肌の3つに分類される程度かなと思ったのですが、驚く事に8つのタイプに分類される様で、ちょっと戸惑ってもいるんです。

 

と言うのも、その区分が良くわからないので、結局自分がどのタイプなのかハッキリしなくなってしまったんですよね。

 

ただ、よくよく話を聞くと、8つに分けられると言っても基本は乾燥肌か脂性肌に大きく分けられ、その中でより細かく分類されるんだとか。

 

う〜ん、それならばまだ理解は出来るんですけどね。

 

とりあえず、一度自分の肌質をじっくりと確かめてみたいと思います。

 

もしかしたら、正反対の肌ケアをしてしまっているかも知れませんからね(汗)。

 

知人に肌質の見極め方に詳しい人がいるので、彼女にレクチャーしてもらおうと思っています!

 

あなたの日焼け止め、間違っていませんか?

もう毎日凄く強い日差しで、連日の真夏日にそろそろバテてしまいそうですが、皆さんは体調の方はいかがですか?

 

きっと今年は節電の為にエアコンの使用を制限しているオフィスなどもあるでしょうから、適度に水分を補給して暑さ対策をしっかりとして下さいね。

 

さて、夏の対策と言えば忘れてはならないのが紫外線対策です。

 

皆さん、自分ではしっかりとやっていると思っているかもしれませんが、実はその方法が間違っているとしたら...どうしますか?

 

例えば、紫外線をカットしているつもりでも全然効いていないとしたら?

 

考えただけでも恐ろしくなってきますよね?

 

実は、意外と多くの人がこの対策を間違っている様なので、ぜひ注意をして欲しいんです。

 

例えば、去年使っていた日焼け止めがまだ残っているので、それを使っていると言う人は結構いるんじゃないかと思います。

 

でも、日焼け止めは時間が経つと酸化してしまい、本来の機能を果たさなくなってしまうんだとか。

 

ですので、日焼け止めは毎年新しいものを買って使う様にする事をオススメします。

 

皆さんもNG紫外線対策には気をつけて下さいね!

 

若返りって、やっぱりみんな意識をしているの?

特に女性の場合は、この若返りと言うのが一つのテーマになる事が多いと思います。

 

若返り法に関する情報が世の中にはたくさん溢れていますが、それは若返りを求めている人が非常に多いと言う事の裏返しでもありますよね。

 

私は今までさほど意識はして来なかったのですが、最近になってようやく年齢を意識し、いくつかの若返り法にチャレンジして見る事にしました。

 

やはり、年齢が一番出て来るのは、顔のしわとかたるみだと思います。

 

こういったものはマッサージとかで対処出来るものもあれば、サプリメントや化粧品などで対応するものもあると思います。

 

また、若返りビタミンとか老化防止ビタミンと言われるビタミンEを摂取する事も、今後は取り入れていってみようかなと。

 

他にも、手軽に出来るものから少し出費が必要なものまで様々な若返り法があると思いますが、自分に必要なものから一つ一つ取り入れていってみようと思っています。

 

肌にいい食べ物が、焼き肉?

人間は時として、自分の理解の範囲を超える事を言われると、それを拒絶してしまう事がありますよね?

 

私も先日、まさにその様な出来事があったんです。

 

ダイエットとお肉、美肌とお肉ってどうやっても結びつかないじゃないですか?

 

一般的には、やはりお肉とか油とかはダイエットの敵の様に思われるのが普通じゃないかと。

 

でもね、良く聞いてみるとナルホドな...と思う事もあったんです。

 

例えば、ラム肉に多く含まれているカルニチンは、脂肪燃焼効果があると言われていて最近はサプリメントとしても売られていたりします。

 

また豚肉に関してはビタミンを多く含むので、肌荒れにも良いと言われているんですよね。

 

牛肉は鉄分を多く含む事から、肌のくすみに良いとも言われています。

 

こうみると、美肌のための焼き肉パーティと言うのもありかな、なんて考えてしまいます(笑)。

 

もちろん、食べ過ぎはアウトでしょうけど...

 

肌の美しさを保つには?

肌のお手入れって、本当に色々と面倒な事が多いですよね。

 

私なんて、あんた本当に女子かって言うくらい、手抜きのケアしかしていません(汗)。

 

だって、スキンケアって凄く時間がかかるじゃないですか?

 

朝が弱い私にとって、この化粧ほど面倒で、厄介なものはありません(苦笑)。

 

ただ、この歳になってくるとそうも言ってられなくなって来ているんですよね。

 

そろそろ、真面目にスキンケアをしていかないと、ちょっと肌の状態が悪くなって来る年頃なんです...(笑)。

 

そんな状況なので、一応美肌を作る7つの習慣とかの記事をみて、私も一から勉強をし直しました。

 

化粧品だけでなく、食べ物とか睡眠の事までしっかりと学び、これからは心を入れ替えて、しっかりとスキンケアに励みたいと思います。

 

本当は化粧品に頼らず、食事と睡眠だけで美肌を作り出すことができれば良いんだけど、そうも言ってられないので自分に合ったけスキンケア用品をちゃんと選んで、使っていこうと思っています。

 

産後鬱を回避するためにはどうすればよいのか?

産後鬱を回避するためには、育児の時期にどういった日々を送れば大丈夫なのでしょうか。
常時赤ちゃんと一緒に生活しているママにとって大切なのは夫やプロによる手助けです。
産後鬱になってしまった人に聞くと、夫の援助がなかったという点を答えた人が多くいるようです。
夫婦生活を送るパパに子育ての心配事を分かってもらえない場合、ママは一人取り残された気分になってしまいます。
口に出さないまでも、夜泣きなどで困っているときに嫌がる様子を見せるだけでプレッシャーになってしまいます。
続きを読む

赤ちゃんの世話をしているときに鬱になってしまう

産後鬱は、赤ちゃんの世話をしているときに気分が沈むことが始まりとされています。
では、何が原因で落ち込んでしまったのでしょうか。
産後鬱に罹ったことがある人に聞いたところ、理由がなく気持ちが塞ぐ以外では多くの理由があるようです。
赤ちゃんがうまく育っていないように思ってしまう人、病気になってしまったわが子に対しての強い罪悪感にかられる人がいます。
わが子の成長度合いが気になるのは普通ですが、特に赤ちゃんの場合は生後1ヶ月から検診が始まり、医療機関に調べてもらいます。
続きを読む